新米の つやに酒酌む 鮨幸せ

2018年度ポスター解説

世界各国に広がり続けるすしは、
リゾート地のステーキ店やバー、夜市の屋台、港市場に併設された食堂、
ホテルの朝食バイキング等でも気軽に提供される料理となりました。

海外のすしは、その国の食材を自由に使い、
その国の方々が美味しいと感じる調理法で自由に作られ、
風土に合った食べ方で自由に食されています。

「カウンターに座り、
目の前の職人が握ったすしを口に放り込み、旬を味わう。
そして、じっくり冷酒も楽しむ。」

これが、私たち日本の鮨職人がおすすめする
日本の鮨専門店での楽しみ方です。

日本のみなさまのみならず、各国から訪日された方々にも、
この『幸せ』を感じていただければ幸いです。

北海道鮨商生活衛生同業組合 青年部

北海道鮨商生活衛生同業組合,二幸本店(旭川市)

北海道鮨商生活衛生同業組合

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西9丁目 第2北海ビル4F
[お問い合わせ・取材窓口]
TEL 011-261-2651(平日9:30〜17:00/土日祝休)
FAX 011-261-2815 info@hkdsushi.com

2018年度 すしの日事業
主催:北海道鮨商生活衛生同業組合/協賛:アサヒビール株式会社北海道米販売拡大委員会・北海道鮨生取引商社会

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用することを禁じます Copyright ©北海道鮨商生活衛生同業組合 All rights reserved.